学校生活つぶやき買い物楽しやテレビっ子陸ちゃん♪西海岸生活旅の思い出趣味の小部屋お菓子つくりお菓子教室日常生活おもいで話お店めぐり競技日程
毎日楽しく暮らしたいね♪
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.12 Tue
NHKの受信料は払っていても、
かの局のドラマはほとんど見たことがない我が家。
朝ドラしかり、大河しかり。

しかし今年は「坂本龍馬」が題材となれば、
録画してでも見ます、龍馬伝

我が家は猿くんが幕末歴史ファンで、
龍馬を題材にした漫画ももっているので
他の時代の日本史より子ども達もよっぽど知っていて
もう興味津々で、楽しく拝見させていただいております。

ところで~。
坂本龍馬といったら、彼の幕末の偉業もさることながら、
その変人奇人ぶり、そして子どもの頃のエピソードは有名な話。

ことに彼の子ども時代はとにかく泣き虫で、弱虫で、勉強が苦手で、ぽーーっとしていた子だった、と・・・。
まるでうちの犬くんやん!!

いやいやしかし、ワタシは犬くんが将来偉業を成すのでは、
なーんて親ばかなことを思っているのではないのです、けして。

ドラマを見ても、本を読んでも、漫画を見ても、
いつも彼には信じてくれている母がいた。
病の為なくなった生母も、後妻にはいった継母も、
いつも支え、信じてくれた母がいて、その母達への愛を支えに
彼はきっと偉業を成すことができたのでしょうね。

世界の偉人といわれる人は、子ども時代変人扱いされた人も少なくないけど、
たいてい母親が支え、信じることで偉業をなしとげてきたように思えます。

偉業を成し遂げて欲しいのではないけど、
偉人達の母には学ぶべきことが多い気がします。

犬くんも今年は高校1年生。
高校受験を経験しない彼でも、
これからは今までとは違い将来に直結する選択を迫られることが多々あるでしょう。
少なくとも、「進路」というカタチで将来の自分の行く末を考えなくてはいけなくなるのです。

どうがんばっても偉人の母のようにはなれそうにないワタシではありますが、
せめて今年はぐっと我慢して、「信じる」ことで彼を応援しようと思ったのでした~(^◇^)
がんばろ~!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

先週末、アメリカ駐在時代のお友達ご夫婦が我が家に遊びに来てくれました。
その時、豆乳鍋のあとに出したデザート。
                  IMG_2065.jpg
抹茶パンナコッタ。
さあ、皆さんご一緒に!
「パンナコッタ、ドンナコッタ、ナンノコッタ!!」
・・・・・これ自分で過去ログに書いたけど、
でも、でもちゃんと「ウソです」って書いたのに、
牛ちゃんに力技で言わされました、完敗です(-_-;)

今回も豆乳とアガーの組み合わせだったんですけど、
                  IMG_2067.jpg
ワタシ的にはぷるぷる加減が不満でした。
もっとこう・・・触れたらぷるっぷるするくらいが理想です、パンナコッタは。

いつも思うけど、久しぶりに作るものは小さなミスをすることが多くて、
「まだまだじゃ!」とお菓子の神様に言われてる気がするな・・・。
つーか、「勉強せよ!」かな(^◇^)

西日本の皆さま~、寒さと雪に気をつけて~!

こっち(中日本)にも来るの~?!

ありがとう!!
ボクのママ
パンナコッタ、ドンナコッタ、ナンノコッタは文句のつけようのないくらい、十分おいしそうです。ワタシだったら、大成功だと自慢します。rikushiさんはハードルが高いんですよ。ワタシの場合は、ここぞと気合を入れて、張り切ったときに失敗が多いです。良い加減な気持ちで作ったときに成功する傾向があります。
2010.01.12 Tue 21:08 URL [ Edit ]
rikushi
ボクのママさん>

ママさん・・・本当にありがとうございます。
きちんと言って下さった事、牛ちゃんに報告しておきまーす(^◇^)

ハードル高くないですよ〜。
いぜんプレーンのパンナコッタ作ったんですけど、
それはもっとぷるんぷるんでいい感じだったんです。
それをめざしたんですけど、失敗しました〜。

お菓子作りってやっぱり難しいですよね。
肩に力が入っていてもだめだし、いい加減すぎてもだめだし。
2010.01.13 Wed 15:10 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://loftygrove.blog93.fc2.com/tb.php/741-e6f5f623
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。