学校生活つぶやき買い物楽しやテレビっ子陸ちゃん♪西海岸生活旅の思い出趣味の小部屋お菓子つくりお菓子教室日常生活おもいで話お店めぐり競技日程
毎日楽しく暮らしたいね♪
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.28 Fri
先週末、同じ組の方にご不幸があり、
お通夜、葬儀とお手伝いに行ってきたときのこと。

約10年ほど前に、義父の葬儀に参加して以来です。
義父の時は、お寺でとりおこなったので、
今回のいわゆるセレモニーホールでの葬儀参加は初めてでした。

当然なのだけど、遺族の方たちが涙を流しているのを見て
ワタシは一度もあったことの無い方が亡くなったのに、
(近所の方のお母様で、高齢のため昨年から同居してました。
でも、入退院を繰り返していてお顔を拝見したことはなかったのです)
それをみて、もらい泣きをしてしまったワタシだけど、
亡くなって、泣いてもらえるって、いいなぁ、と初めて思ったのです。
亡くなった方はきっと幸せだろうなぁって。
愛されていたんだなぁって。
ヘンな表現だけど、とっても温かくて幸せなお葬式だったのです。
CIMG4687-1.jpg

漠然と、自分の時は泣かないでほしい、なんて思っていたのですが
現実的に受け止めていなかった証拠なのかも。
それに、逝く人ではなく、残る人のことを考えたら、
「泣く」いうことも大事なことなのかも、と思えたから・・。

そのうちに、自分のことを具体的に考えちゃって、
こうしてほしい、あーしてほしいなんてアイディアが次々生まれてきて・・・(苦笑)
お香典はいらないから、ポトラックで食べ物持ってきて宴会してくれないかな、とか
お花はやっぱり野の花、ハーブがいいなぁとか(´з`)
こんなところにも一筋縄ではいかない性格が現れてるかも。
子ども達に最後の最後まで苦労をかけそうです・・・(o´_`o)

自分の親のことも具体的に考えてしまったりして。
自分の年を考えれば、当たり前のことなのかもしれないですが。

でも、早かれ遅かれ、皆にいつかくるもの。
きちんと考えることは悪いことではないと思う。
さまざまな思いをめぐらせながら、そっとご冥福を祈らせていただいたのでした。

**********************************************

ドライイチジクやイチジクジャムをつかった焼き菓子を
作るけど、実はイチジクが苦手なワタシ・・・。
生はどうしても苦手なのです。
去年、がんばって克服しようと思ったけど・・・だめだった・・・(涙)
ドライとかは好きなんだけどなぁ~。

でも、この時期になるとファーマーズにでてくるイチジク。
さらに近隣の市が県下でも有数の生産地となると、
やっぱり使いたいなぁ、と思って。

去年はそれでジャム作りにトライしてみた。
悪くない出来だったのだけど、でも、これ!という味ではなかった。

ワタシが目標としたのは、これ。       IMG_1421.jpg
ボンヌママンのイチジクジャム。
コレを食べたことで、いちじく克服をめざしたといっても
過言ではないかも。

で、ふと思い出したのが、
お砂糖の代わりにぶどうジュースがジャムに入っていた商品。
物は試しだ、とやってみた。

そしたら、これがヒット!!!
赤いぶどうジュースだったので、        
IMG_1420.jpg
色はこんな風だけど、これ、ボンヌママンのに色、そっくり!!
それに味も、気になる風味が緩和されて、
でもちゃんとイチジクの味が生きたジャムができた!
うれし~~♪♪

さっそくコレで作った、             IMG_1424.jpg
自家製イチジクジャムいりのパウンドケーキ。
今回は相性のいい、紅茶葉も一緒にいれて♪

つくづくいちじくって紅茶とあうな~と思いましたね。
IMG_1425.jpg
味、ばっちり♪
紅茶風味の生地からしっかり味のイチジクジャムが
ひょっこり顔をのぞかせて。
両方の風味がとっても豊か。
イチジク苦手な人も食べられるかも、な、お味です!

季節の果物をつかって、四季を感じられる焼き菓子を作りたいなぁと
おもっているので、しょっちゅう作れないけれど、
そこがまたいいと、思ってもらえるといいなあ~なんてね♪

お帰り前にぽちっと一回♪

ありがとうです(*^_^*)
のりぞう
イチジクは私の実家の方の特産ですね〜〜
イチジクジャムとか、実家からもらったりします。
昔は梨だけが特産でしたけど。
ぶどうジュースでジャム作るんですね、うちの母に教えておこうっと。
今日のパウンドケーキも美味しそうっ
2009.08.29 Sat 00:38 URL [ Edit ]
ミシェママ
rikushiちゃんの住んでいる街では 
今も「組」で支え合って暮しているのね。
とても温かく幸せなお式になったようで 
ご家族もきっと穏やかな節目を心に刻めたことでしょうね。

どこの国の言葉か忘れたけれど…
  幸せな人の一生は 
  生まれてくる時 自分は一人 泣いているけれど
   囲りの人は みんな温かく笑っている… 
  死に逝く時 囲りの人は みんな泣いているけれど
   自分は一人 温かく笑っている…
というのがありました。(イタリアだったかな〜)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

イチジクのジャム パウンドケーキに入れても
とっても色がきれいね♪ ホント美味しそう♪
ねぇ。 このバラの焼き型 サイズも形もとてもGoo!
rikushiちゃんのお店では 独自の「焼き型」も作るのかな?
2009.08.29 Sat 06:29 URL [ Edit ]
rikushi
のりぞうさん>

おお!そうなんですね!
お隣ですね〜。

ワタシの友達も何人か梨農家さんがいるのです。
特産ではないけどファーマーズにも
たくさん出てきますよ♪

ミシェママ>

ねえ、火事大丈夫だった??
もう鎮火したみたいだけど・・。
煙害も大変だから気をつけてね。

+++++++++++++++++++++++++++++

ところで、このイタリアの言葉、
まさにこうなるといいなとワタシが
思い願うことだよ。
泣いてもらえることは幸せなことだよね。
そのためにも日々、精進です(^◇^)

このバラの焼き型はシリコンで
日本ではすんごく人気あるの〜。
かわいいよね。
大きさもいいのよ♪

「焼き型」・・・多分作るとしたら
りーたんの肉球の型かな(^◇^)
2009.08.29 Sat 16:50 URL [ Edit ]
ボクのママ
ワタシも昨日、いちじくのコンポートとジャムを作りました。rikushiさんのように、一工夫という訳ではなく、オーソドックスなジャムです。レモン果汁を入れただけのものです。でも、きれいな色のおいしいジャムになりました。ジャムを入れたパウンドですか!ワタシもトライしてみようかな?
2009.08.29 Sat 21:45 URL [ Edit ]
hiroro
わぁ、私もいちじくジャム作ったんですよ〜。
完熟いちじくをたくさんいただいて、
食べきれずに、もう2回も。(笑)
私の場合、お砂糖で煮ただけの簡単なものですけど、
ぶどうジュースで作るなんて、素敵ですねぇ!
いちじくのジャムと紅茶のケーキ、
これも美味しそう♪ バラのケーキ型が可愛いなぁ。^^

自分のお葬式、私はどうして欲しいかしら・・・
まだぜんぜん実感が湧かないのですけれど。
ひっそりと死んでいって、お葬式なんてなくていいなどと思ったりしちゃいますけど。
葬儀は死んだ人のためではなくて、残された人のためにするのだと聞いたことがあります。
そうなのかもしれませんね。
残された人が気のすむようにしてくれたら、それで充分なのかもしれません。。。
2009.08.30 Sun 01:30 URL [ Edit ]
rikushi
ボクのママさん>

一工夫したのは、苦手だからで〜す(苦笑)
できればそのまま・・がイチバンなんですけどね。

ワタシは自分で作ったジャムはもれなく
パウンドにいれて焼いてます。
なかなかいけますよ♪

hiroroさん>

苦手でないものは、お砂糖だけなんですけど・・(涙)
どうも、いちじくの鼻に抜ける風味が苦手で・・。
ワタシ風、ということで(^◇^)
アメリカで買ったジャムがお砂糖が入っていない
かわりに、ぶどうジュースで煮た、というのが
あったのです。
それを真似っこです(*^_^*)
いちじくと紅茶あいますよね!!!

そうなんです。
ワタシも自分がどうしたいか、がまず先に
たっていたんですけどね。
お墓もいらん!といったら、牛ちゃんに
「じゃあ、牛ちゃんがママに会いたくなったら
どこにいけばいいの!!!!」と
怒られて(-_-;)
なるほど、ですよ。
残された人のことも考えないといけないですよね。
2009.08.31 Mon 16:05 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://loftygrove.blog93.fc2.com/tb.php/632-a42c6f1e
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。