学校生活つぶやき買い物楽しやテレビっ子陸ちゃん♪西海岸生活旅の思い出趣味の小部屋お菓子つくりお菓子教室日常生活おもいで話お店めぐり競技日程
毎日楽しく暮らしたいね♪
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.03 Wed
牛ちゃんが猿くんのおでこ付近(←ココ、重要)を
じ〜〜〜っとみて、一言。

「パパ・・・おでこ広い・・・・」

!!!!!(゚ロ゚屮)屮

・・・・ブハッ!♡♡+.゚(→ε←*)゚+.゚
牛ちゃ〜ん、それは、禁句よ、禁句!
どこからおでこ・・?」も聞いちゃだめよ!(。→ˇ艸←)

は〜、鬼の首を取ったよう、な、
rikushiです、こんばんわ〜☆

もう今年も残すところ、1ヶ月弱。
日本に帰って来て、4ヶ月たちましたね〜。

ま、考えてみればまだ4ヶ月なんですが、
アメリカにいた頃が遠い昔のように、日本では過ぎ行く時間が
早く感じるワタシ。

母国とはいえ、やはり環境が変わって、慣れるのには
人間、多かれ少なかれ、時間がかかるもんですね。
なにかと、焦っていたものの、まだ4ヶ月なんだよな、と思うように。

アメリカ時代は、子供たちのお抱え運転手であったし、
お迎えなんかがあったので、必ず毎日外出していたのですが
最近は、家からまったくでない日もあったりして、
なれるための習慣づけとしても、毎日同じことの繰り返し。

決して、急ぐことはないけれど、そんなことも焦りを誘発しているのかも、と思って
これからは、もう少し積極的におでかけでもしようかな、と
思い立ちました。

友達と一緒に出かけられたら、楽しいのだろうけど、
仲良しの友達はみんな仕事を持っていて、
なかなかご一緒できる日は少なくてね。

ならば、ひとりでいいじゃないの、と
CIMG3722.jpg
今日は図書館へ、ふらふらと。
活字はなんでも好きで、説明書とか、原材料とか、裏書とか、なんでも読むワタクシですが、
本でよく読むのは、ミステリーとエッセイ。
写真にもあるように、宮部みゆきさん、東野圭吾さんは夫婦ともにファン。
何冊か蔵書もあります。

このエッセイは、三谷幸喜さんと清水ミチコさんの掛け合い漫才みたいなもの。
他には、林真理子さんや、阿川佐和子さん、壇ふみさん、向田邦子さんとか好きですね。

この先、友達と出かけることもあるだろうけど、
映画や、美術館や各種イベントにも出かけたいな〜なんて
思えるように。
少しづつ、外へといくことは心の栄養を蓄えることにもなるのかも、と・・。
外出の理由をつけているだけだったりして!(๑◕ฺฺܫฺ←๑ฺ)

まあ、今年の残りは、ゆっくりいっても、いいんじゃない?と
思っていたりするのでした。

*今日のオヤツ*

人ごみや、行列がニガテなワタクシは、1年も終わりに近づくと
できるだけ早く、なんでも用意したい人。

宅急便関係も年末前はきっと混雑するだろうから、
早め早めに、注文、ということで、
昨日CUOCAから届いた荷物。       CIMG3726.jpg

でも、だからといって、今年中でないといかん、というわけではないんですけどヽ(●´3`)ノ

次々と見たことのない、使ったことのない物を購入しては、
興味津々で試作を企む。
これはこれで楽しいでござるよ。
何つくろっかな〜??

そして、おやつは今年最後になるであろう、洋ナシのタルト。
CIMG3660.jpg
激務の猿くんに捧げるタルトでございます。
今回は、アーモンドクリームを敷きこんだ上に、洋ナシのコンポートをのせ
焼くバージョンです。

焼き上がり、表面にナパージュは普段は塗らないのだけど
こっそ〜り作っていた(?)洋ナシのジュレがほどよいなめらかさで。
洋ナシのタルトなので、いいんじゃね?と塗ってみました。

ふわ〜〜っと洋ナシの香りがひろがって、
コンポートがさっくりとした口ざわりで。

猿くんにはご満足いただけたようで、
苦しゅうないぞ(*´∀`)/  ←違・・・




↑押してくれたら、くるしゅうないぞ♪
・・・て、うそですぅ〜〜(涙)

いつも、いつも、ありがとう〜っ!!

↓↓『続き』にちょっぴり、「つぶやき」有。
お時間あったら、のぞいていってちょーだい。
先週の土曜日、牛ちゃんの学芸会に出向いた時のこと。
ある友人と話す機会がありました。

彼女は、犬くん、牛ちゃんと同じ学年の子供を持つお母さん。
ついでに、子供の性別も一緒。(兄と妹)
それから、保育園の父母の会の役員も一緒にやった間柄。

最近、彼女の娘ちゃんと牛ちゃん仲良しになったみたいで、
(もともと保育園も一緒だったしね)
そんなところから話が始まったのだけど、
ワタシが気になったのは、お兄ちゃんのこと。

以前彼女が学校におもむいた時のこと。
他のお母さんもいたということだったので、授業参観かなんかだったのかな?
その時、彼女の息子くん(Fくん)が、ちょっと素行の悪い子に
たたかれていたんだそうです。
自分の目の前で。

彼女は、間に割って入って、止めたそうなんですけど
「うるせぇ、くそばばぁ!」
って、言われちゃった〜って、いってました。

まぁ、素行が悪くなくても、中学2年生なんて、暴言はきますよ。
愛想悪いでしょうよ。
でもワタシのびっくりしたのはこんなことではなく。

周りにいたお母さん達が
「・・・あ〜、あ〜、やっちゃったね・・」
っていったんだそう。

彼女は、
「また、やっちゃってね、アタシ。
相変わらず、失敗しながら、生きてるよ。」
って言ってました。

彼女は横のつながりが強い、和を重んじる
いわば、日本の村社会を縮図したようなところにすんでいて、
なんていうか、天然というか、すこし不思議ちゃん要素を持っている彼女は
すこ〜しその『和』からはずれるような行動をすることがあって、それを
今までことごとく、失敗(と彼女は感じて)続きだと思っているみたいなんです。
実際周りもそう思っているんでしょうね。

でもね、ワタシ、そうは思わなかった。
詳しい状況はわからないし、
その場にいたら、ワタシも必ずしも止めないかもしれない。
でもさ、自分の息子が自分の目の前で、たたかれていて、
冷静になれるかな?
思わず、止めちゃわないかな?

他のお母さん達が、ナゼその時、「やっちゃったね」といったのかは
わからない。
ワタシが見えていない何かがあるから、言ったのかもしれないし。
だから、批判するつもりはないけど、『失敗』っていうのかな?これ。

そう思ったワタシは、彼女には
失敗だとは思わないよ、自分も止めたかも、って言いました。
そんな風に思うことないんじゃない?とも。
短い時間だったし、じっくりと話せなかったから、そこまでしか言えなかったけど・・。

もともと、人と同じでないと、ということに違和感を感じていたワタシ。
アメリカから帰って来て、ますますその思いは強くなったのかも・・。
へんなおばさん、一直線!だね(苦笑)

それでも、ちゃんとそこで、頑張って、懸命に生きている彼女は
エライ、とワタシは思う。
強いなぁ、とも。
負けないでね!応援してる、って今度は伝えたいなぁ、って思いました。

読んでくれて、ありがとう(o^−^o)





panipopo
額の広さ。。。大人の男性には禁句かも^m^
でも、どんな男性でも少しは広くなる(?)のかな、って思うけれど、どうなのかしら?

今日の洋ナシのタルトもとってもおいしそう〜!

私も、きっと同じように止めていた人間です!胸張って言えます。これが、やっちゃったね、なんて何?って聞きたいですよ、反対に。子供が暴力をふるうのを見過ごすことって、できないです。だって、社会性に反しているから。それがたとえ、その息子さんが(仮に)悪かったとしても、暴力をふるうのは間違っていることでしょう?ちゃんと人間同士、それも大きいんだから話し合いっていうものがあるものね。でも素行が悪いとなると、リベンジが怖いから周りも黙認しちゃうのかしら?

読んでいてガッカリしちゃいました。私も総合的なことがわからないので、言えないけれど、でも暴力だけはどんなことがあっても悪いと思うし、それを黙認するのはもっと悪いと思いますよ。

2008.12.03 Wed 18:47 URL [ Edit ]
ボクのママ
こんばんは!

ワタシも9月21日に、洋ナシのタルトを焼いた写真をアップしているんですが、ワタシのとは似て非なるもののような気がします。断然、rikushiさまの方がおいしそう!なしの切り方、フィリングの上に飾り方、本当に参考になります。そりゃあ、なしのジャムを塗れば、言うことなしでしょうが(シャレじゃあありませんよ)、ワタシのはお決まりのアプリコットのジャムですし・・・

子供がいれば、本当に考えさせられることがいっぱいですね。親もそうして成長するんですよ。子供がいないワタシが言うのも変ですけど、でも年の功と思ってください。学習塾を20年もしていましたし。親だったら、自分の子供がたたかれるのを黙って見過ごすことなんかできないですよ。ワタシだったら、よその子でも絶対に止めますよ。体を張ってでもそうします。
2008.12.03 Wed 21:33 URL [ Edit ]
rikushi
Panipopoさん>

う〜〜ん・・・うちのオットは気にしてますからね(^◇^)
年々寂しくなっておりますの♪

どんな理由があるにしろ、大人が遠巻きに
子供たちのケンカじゃない、暴力を見ているってのは
やっぱり正常な状態ではないような気がします。
ケンカだったらほっておくかもしれないですけど・・。

ちょっと考えさせられる出来事でした。

ボクのママさん>

こんばんわ〜!

拝見しましたよ〜、タルトの写真!
ボクのママさんのほうがトラディショナルだと思いますよ。
ワタシのは必殺無勝手流で、ホントウに自分のいいように、してるだけです。
褒めていただいて、うれしいですが、本当に身に余る光栄です<m(__)m>

そうですね。
子供を通じて教わること、知ることはたくさんあります。特にアメリカにいたときには、りーたんと、犬くん、牛ちゃんのお陰でいいことはたくさんありました。
人間いくつになっても学べるんですね。
まだまだです。
2008.12.04 Thu 16:41 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://loftygrove.blog93.fc2.com/tb.php/396-eaedaf30
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。